FC2ブログ

日本オオギリスト紀行Ⅱ ***TOKYO~岩手編***

北浦和でMAを下ろす。

ここは秋ヶ瀬公園が近い
秋ヶ瀬公園といえば

大喜利の父、運転士ですよ

ゆーてもね第2世代なんざ運転士チルドレンなんですよ

まあカンタンには連絡つかないだろうけどって
まんじゅが連絡先をメールしてみる

そうは言っても車は進む
浦和あたりのインターから高速に乗り北進北進!

目指すは郡山だ!

としばらく進むとまんじゅのケータイが鳴る

知らない番号から。
運転士からだ!

俺運転中だからちゃんと話せないよ!

まんじゅにハンズフリーしてもらって会話する
ちょっと声は聞こえにくかったけど当時を思い出して
なにやら感動できました。

なんのかんのと話しながら車は郡山駅
まんじゅとお別れしたならあとはずっと一人旅
カーナビが示すのは「朝4時着」

少しでも高速料金浮かそうと下道で粘る

トラック、ダンプのなんと多いことよ
「せめて宮城県境まで!」と思ったけど
トラックたちのプレッシャーがきつくって逃げるように高速に乗る

でもまぁこっちもトラック、ダンプがブンブンブンですよ

時計は2時を回るところ

すごく眠くなってくる

眠気対策ガム食べても味が伝わってこない
窓を開けて叫ぶ

けっこう外は寒い(15度くらいまで下がってた)

次の国見SAまで800m…だがこの800mが眠い
ほんっとヤバかった

なんとか国見SAに到着
大勢のドライバーが小休止してる模様

俺もひと眠りするか…



zz…

て今度は眠れない

照明が明るすぎる
全体的にすごく明るいんですよ。国見SA
アイマスクとか持って来れば良かったなー

ちょっとだけ寝た後明るくて寝にくかったんで出発することにする

だが

やっぱり眠い
暗い高速道で単調な運転が続くと眠くなってくる

蔵王PAまでがんばって進む

蔵王PA

車の数も少なく灯りも大人し目
ここなら寝やすいや…


zz
zzz…

翌朝!
天気は快晴!

交通量もそこまで多くなくベストコンディションで車は進む

途中のSAで朝食(みそラーメンと豚丼)を食べる
ひさかたぶりのメシはうまい

そしていよいよ岩手に到達!
ここまで来たら勝手知ったる道
順調に進路を進める

だが、右手中指は限界近くまで来ていた。

メシ食うにもね、普通に食べられないんですよ
ハシになんかつまんで持つとその重さで痛いの
その痛みも骨から来るような痛烈な奴

とりあえずなんでもいいから指をお医者さんに見てもらいたい!
盛岡に着くなり行きつけの外科に駆け込む

女医さん:「あーこれは痛かったでしょー」
右手中指の左サイドの肉と爪の間に固まっているカサブタを注射針で剥がしていく

女医さん:「よくガマンしてましたねー」
剥がし終えたカサブタ後(肉と爪の間)に注射針をぶっ刺す
背中に脂汗が流れる
とてもじゃないけど刺してるところをみる心の余裕がない
刺し終えた後から膿がドクッドクッと出てきた

こいつか、こいつが俺を苦しめていたのか

しかし惨劇はここで終わらない

柔らかい針の注射ってもんが世の中あるんですよ
針が毛でできてるのかな

この毛で出来た針を

さっき針差し込んだ傷口に

ブッ刺す!ぎゃああああああああああああ

もう俺泣きそう

女医さん:「はーい、痛いですよねーがんばってくださいねー」
よく見れば女医さんすごいかわいい
俺より2つ年上らしいけどどんな男性が好みなんだろ
俺みたいなのがタイプだったらいいなー

とか考えてる間に毛針差し込んだとこに生理食塩水注入して
膿の溜まってた傷の中を洗浄

終わる頃には骨の髄から壊されるような痛みはなくなっていた
ありがとー女医さん!

********************************************************
とここでうーちゃんの日本オオギリスト紀行Ⅱはここまででおしまいです

今回の旅でお世話になった皆様大変ありがとーございます
これにもこりず今度は岩手にも遊びに来てほしいなーと
思う次第でございます
(終わり)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うーちゃん@狼

Author:うーちゃん@狼
skype:u-chan_1222
どしどしどーぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード