FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【もしギリ】もしもオオギリストが「もしドラ(アニメ版)」を見たら~第2話~

もしもオオギリストが「もしドラ」を読んだら…オオギリストにとって「真摯さ」とはなんなのか
byうーちゃん@狼

というツイートして思いついたのがこの企画

「もしもオオギリストが「もしも高校野球部の女子マネージャーがドラッカー
のマネジメントを読んだら(アニメ版)」を見たら」

…長い!

ドラッカー的視点で大喜利PHPを考えてみると
新たに見えてくるものがあるかなーと考えてみました

★---2話のテーマ---★
○真のマネジメントとは顧客の現実的欲求からスタートする。
 顧客がなにを買いたいかを問う。何を売りたいか、ではない。

大喜利PHPの顧客はオオギリストです。そして大喜利PHPの従業員もまたオオギリストですね。

顧客の現実的欲求…なんのことだろ?

第1話では大喜利PHPの顧客が求めていることを
「笑うこと」「笑わせること」と解釈したんですが
もう少し突っ込んでみてもよさそうですね

顧客の欲求の具体的な部分に関わるモチベーションや
大喜利PHPを始めたきっかけなんかを調べていくと

1 大喜利PHPになにをして欲しいか
2 大喜利PHPでなにをしたいか
3 どうして大喜利PHPを始めたか

これをマーケティングする必要がありそうです

大喜利PHP利用者の声がマーケティングできる環境、システム

そう!それが「狼スレ」なんですね

大喜利PHPで笑いたい、笑わせたい
そのために大喜利PHPになにをしてほしいのか
それをマーケティングするためのシステムって
実はずっと持ってたんですね

辛らつな声やワガママとしかいえない要求だけじゃなく
不正の告発や新しい楽しみ方の提供
「おめー」「ありー」とかのやり取り

マーケティングを通じて最先端の顧客の要望が聞けることが
大喜利PHPのひとつの強みだったのかもしれないですね。

○専門家は専門用語を使いたがる。しかし専門家は理解されてこそ
 その価値を発揮する。専門家の専門用語を顧客に通訳してアウトプット
 することこそマネージャーの役割である

大喜利PHPの専門用語飛び交う専門家が必要となる部分…
プログラムの中枢だったり、アドインだったり
俺の場合は大喜利データベースもここに含まれるかもしれません。

また票乞食論だって専門家の専門的意見ですよね。
俺も知らないことがたくさん出てくるしw

大喜利PHP界隈の強さはここでのアウトプットに
「ラジオ」「ブログ」があって、専門家が直接顧客に対して
アウトプットを行うことができることかもしれないですね

逆にへっぱち先生ラジオにおけるちゃんこさんなんか
専門家の専門用語を通訳してアウトプットする
マネージャー的役割なのかもしれないですね
(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うーちゃん@狼

Author:うーちゃん@狼
skype:u-chan_1222
どしどしどーぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。