FC2ブログ

日本オオギリスト紀行~灼熱の新潟編②~

嵐の湯

仰々しい名前の割にはあまり広くないお風呂だ。
そこでふと思い出す。

「そういや、番頭さんわけわかんないこといろいろしゃべってたよなぁ…」

話は少し前に戻る。
受付でお金を支払うと、甚平のようなものを渡された。
「軽く身体を洗ったらこれを着て出てきてくださいなんちゃらかんちゃら」

とりあえず湯船につかりたかった我々はあまり気に留めてなかったんだが
ここは「岩盤浴」が楽しめるお店だったのだ!!
珍しいので行ってみる二人。

なんのかんのと説明を聞きながら岩盤浴ルームに入る。
ほぉぉぉぉこれは熱い!暑い!
ぶわーーーーって蒸す!

どうも石の混合加減で悪い毒素がぐわーーーって出るらしい。
暑いがすんげー気持ちいい。
ホントは根性論で水無しで乗り切りたいけど
水飲みながらの岩盤浴もまた楽しい。

1度休憩を挟んだ。10分くらい休みながらやるらしい。
休憩中に梅干が食べられるのだがこれがまたおいしい。
萬寿さん大変気に入ったようで4つか5つか食べてた。

目いっぱい汗をかいたところで湯船に戻り汗を落とす。

広い湯船っていいもんだ。

萬:「あー、脚伸ばせるっていいねー」
俺:「う…うん、そーだねー、俺は大概どこの湯船でも脚伸ばせるけど…」
(身長160cmの俺だけど座高だけは日本人成人男性と遜色ないのだ!!)
萬:「あーーごめんごめんそーいう意味じゃないのwww」

なんて会話をしていたら萬寿さんたら
こんなことを俺に話しかけてきた

萬:「うーちゃんっていい身体してるね?なんかスポーツやってたの?
  肩揉もうか?」

(続く)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

逃げてー!
うーちゃん逃げてー!

No title

***うぇるさん***

この日記書いたときmixiのコメントもめっちゃ面白かったです
我ながらいいところで(続く)入れられました
プロフィール

うーちゃん@狼

Author:うーちゃん@狼
skype:u-chan_1222
どしどしどーぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード