スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本オオギリスト紀行~遥かなる長野編~

ダガガガガ!!

突然車の屋根を叩きつけるかのごとく豪雨
本来は台風の直撃が予想されていたところだ。
これくらいで済めば御の字だろう。

車は南へ直進
岐阜を経由して長野へ入る。
山道は予想されるが国道だ。
そんなに変な道じゃないだろう。

予想はもろくも崩れ去った。

峻険な山道、しかも交通量は多く流れが速い。
とてもじゃないがダム湖の景色に目をやったり
道の駅富山で富山のピンバッチを探している余裕なんか
ない。

青色吐息のまま疲れた俺を迎え入れるは…
岐阜県神岡町!

神岡村といえばスーパーカミオカンデで有名な村だ。
スーパーカミオカンデってのは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%87
ってことなんですが
子供の頃は宇宙の図鑑が大好きだった俺
宇宙物理学の聖地たるこの神岡は心ときめくというもの。
その他神岡鉱山はこれはこれで工場的な場所がなんとも
マニア心をくすぐる。

ナビは順調に長野へ俺を誘う。

往く手には
割石温泉、荒神の湯、宝温泉、元湯孫九郎、坂巻温泉、白骨温泉…

温泉マニアの看板下ろさねばならぬほどの温泉を
過ぎてきた。

よく考えたらここまでの道のりでさえ相当数の温泉をないがしろにしてきたな…

事件は安房トンネルの直前で起こった。
突然トンネルへ入るなとナビゲーションしやがった。

なんだ、いったいこのトンネルなんだってんだ??

とりあえず、ナビに従い山道へ入る。
この先が地獄だった。

おそらくトンエルは有料道路だったんだろう。
俺のナビは「一般道優先」で設定している。

有料道路が高速道しかない岩手県民にはあまり想定のない事態なのだ。

日はかなり落ちている。
細い山道はかつて多くの旅人が難儀したであろうことが
容易に想像できる。

そんなことを想像してたらゾゾゾと怖くなる。
しかし引き返すことはできない。
生来の気質もそうだが、Uターンする場所もない
ほど道が狭い。

トンネル使えば10分くらいの道路なんだろうが
1時間ほどかけて通常の道へ戻る。

あとは松本を目指すだけだ!!

車は158号線にそってずっと街の灯を目指す。
「タイヤよ、あれが松本の灯だ」なんてリンドバーグにもなるって話だ。

8時30分ごろ松本の市街地に入る。

「まだ、進めるな!次の上田を目指してみるか」

これが気の迷いだった。

上田へ行くには実はまた、山脈越えがあったのだ!
だってだって知らなかったんだもん!
地図の上ではすご近かったんだもん!
三才山トンネルだと思ってたところが
松本トンネルだったんだもん!

ということで松本市内で迷うこと3時間
ようやっと上田に到達する。

とりあえずマンガ喫茶に入ろう。
インターネットで仲間に身の安全を伝えたかった。
たまたま自分が会員になっているマンガ喫茶があって
そこからネットを行う。

そこの場で東京組に明日…ってか翌日のオフ会を打診

ってか俺、なにしてますのん!
マンガ喫茶に泊まることも考えたけど寒すぎて
断念。
この日はホテルをとる事にしました@6500円

まぁ仕方ないか…
(遥かなる長野編・終わり)
スポンサーサイト
プロフィール

うーちゃん@狼

Author:うーちゃん@狼
skype:u-chan_1222
どしどしどーぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。